胃もたれサイト TOP → 胃痛・胃もたれの解消法 胃もたれの胃薬

胃もたれの胃薬

食べすぎによる胃もたれを起こした場合は消化酵素が配合されている胃薬を飲んで、胃もたれの原因になっている消化不全を軽減することが胃もたれを治す近道となります。

しかし、薬をすぐに飲むのはやめるようにしてください。例えば頭が痛いから頭痛薬を飲む、歯が痛いから鎮痛剤を飲むというような場合でも、頭痛薬というものは頭痛そのものを治療する薬ではなく、その時の痛みを和らげるだけの薬です。胃もたれがするからといって、毎回毎回薬を飲むというのはあまりお勧めできません。

薬を飲み続けることで、逆に症状が悪化してしまうこともあるのです。そのため、どうしても我慢出来ないというときだけ飲むようにしましょう。

薬以外に食べ物では、大根おろしなどにも消化酵素が含まれていて、胃腸の調子を整える作用を持っています。まずは薬を飲む前に、大根おろしを薬味として食べるのもお勧めできます。

胃もたれの治療は生活習慣などが原因の場合は食事の内容を工夫したり、睡眠をよくとるようにして生活の改善を行うことから始めますが、それでも症状が良くならないときは短期的に胃腸薬が用いられます。胃腸薬には胃の機能を活発にする「健胃薬」、胃や腸での消化を助ける「消化薬」、胃酸の分泌を抑える「制酸薬」、胃の粘膜を保護する「胃粘膜保護薬」など様々なものがあります。

そして胃腸薬の種類により、飲む時間なども違ってきます。薬を飲むときは服用の注意を守って正しく飲むようにしましょう。


スポンサードリンク


胃痛・胃もたれの解消法