胃もたれサイト TOP → 胃痛・胃もたれの解消法 胃薬の選び方

胃薬の選び方

胃の調子が悪いから薬が飲みたいけれど、沢山ある胃薬の中でどの薬を飲めばいいのか分からないということも多いかと思います。市販薬の胃薬はいくつかの種類に分けることが出来るので、ここでは胃の調子によってどのような薬を選べばいいのかを紹介したいと思います。

◆なんとなく胃の調子が悪い ⇒ 複合胃腸薬
◆空腹時に胃が痛む ⇒ 胃粘膜保護/修復促進剤
◆胸やけ・胃のむかつき ⇒ 制酸薬

薬局で販売されている胃薬の殆どのものには、何種類かの成分が組み合わされている配合薬になりますが、大きく分けると成分の特徴を生かした胃薬と、成分の組み合わせが複合的である総合胃腸薬の2種類に分けることが出来ます。成分の特徴を生かした胃薬というのは適用する症状が絞られて作られているので、胃痛、胃もたれ、胸やけなど、症状がはっきりとしている場合はその症状に合わせて商品を選ぶようにしましょう。

成分の特徴を生かした胃薬には様々なタイプがあるので、配合されている成分の働きをよく知った上で、自分の胃の症状に適しているものを選ぶといでしょう。自分ではよく分からないという場合は、薬局の薬剤師さんに自分の症状を説明し、相談するようにしましょう。

胃酸を中和するための薬である制酸剤は炭酸飲料と一緒に飲むと、炭酸の中和に働いてしまい、本来の働きが弱まってしまいます。また牛乳と一緒に飲むと頭痛、吐き気、食欲不振などを伴うことがあり得ます。

薬を飲む際は注意しなければならないことがいくつかあります。薬を購入して服用する前には、必ず使用上の注意をよく読んで服用方法を守るようにしてください。


スポンサードリンク


胃痛・胃もたれの解消法