胃もたれサイト TOP → 胃もたれについて 胃もたれとは一体なに?

胃もたれとは一体なに?

胃もたれとは何らかの原因で胃の運動機能が低下したり、胃に過度な負担をかけすぎることによって、胃が本来持っている伸縮自在なゴムのような弾力性が失われ、食べ物がいつまでも残っている感じが続く症状のことです。「機能性胃腸症」の症状の一つです。胃もたれには大きく分けると2つのタイプがあります。

1つ目は胃もたれしているのに食べ物が食べたくなり、沢山食べてゲップがよく出る、胃が満腹の状態です。胃に過剰なエネルギーが集中してしまっていることが原因で、精神的な気持ちの負担が大きいと言えるでしょう。

2つ目は食欲がなく、気力もなくなり胃がぐったりしている状態になります。日頃の食生活が原因で胃が疲れている場合と、精神的なストレスが原因で胃の調子が悪くなってしまう場合とがあります。胃もたれは機能性胃腸症の一つで、患者の数は日本の人口の22パーセント〜34パーセントもいるといわれています。ストレスの多い日本社会では特に多い病気と言えるかもしれません。

胃というのは蠕動運動(ぜんどううんどう)によって、胃の消化液となる胃酸と食べ物を混ぜて消化してから十二指腸に送ります。ですが不規則な食生活や生活、食べ過ぎやストレスなどが原因で胃に負担がかかってしまうとこの胃の運動機能が低下してしまうため、消化がきちんと行われなくなります。消化がきちんと行われないことで胃もたれが起こるのです。

胃もたれになると食欲不振や満腹感を感じるようになりますが、それだけでなく消化不良によって発生するガスが原因で口臭を起こす場合もあります。


スポンサードリンク


胃もたれについて