胃もたれサイト TOP → 胃もたれについて 胃もたれの原因

胃もたれの原因

胃もたれが起こる原因には様々なことがあります。一番多い原因は食べ過ぎや飲みすぎと言われていますが、不規則な生活、タバコの吸い過ぎ、ストレスなどでも胃もたれが起こります。

食べ過ぎによる胃もたれの原因は胃酸過多や胃壁の炎症などでしょう。脂肪が多い食べ物というのは消化に時間がかかるので、胃もたれが感じやすくなります。消化に時間がかかると胃に食べ物が溜まっている時間が長いので、胃に負担がかかってしまうのです。

早食いや大食いなどは胃もたれを起こしやすい食べ方といえます。中でも早食いというのは食べ物をよくかまずに食べてしまい、さらに空気も一緒に飲み込むので、胃が膨らんで苦しくなりやすいです。

胃もたれには胃の蠕動(ぜんどう)運動が関係しているのですが、実はこの蠕動運動も人によって強い、弱いというのがあります。胃が強い人は胃の蠕動運用も活発に行われているので消化がよく、食べ物が腸に送られやすいのです。

そのため多少大食いをしても、夜遅くに食べ物を食べた場合でも胃もたれというのは起こしにくいです。しかし胃が弱い人は蠕動運用があまり行われていないので、食べ物が胃に長時間溜まりやすいのです。そのため胃もたれを起こしやすいので大食いはもちろん、夜遅くに食べ物を食べるとその食べ物がなかなか消化されず、朝起きたときに胃がもたれているということになりやすいと言えるでしょう。

年齢を重ねる毎に蠕動運動を行う能力や胃酸を分泌する能力は落ちます。また年齢を重ねていくと胃酸を分泌する能力、胃が蠕動運動を行う能力が衰えてくるので、消化能力の限界自体が低下していきます。


スポンサードリンク


胃もたれについて