胃もたれサイト TOP → 胃もたれについて コーヒーによる胃もたれ

コーヒーによる胃もたれ

コーヒーは美味しいのでついつい2杯3杯と飲んでしまう方が多いかと思います。コーヒーに入っているカフェインというのは、胃酸の分泌を活発にするといわれています。

また豆が参酸化しているコーヒーというのはあまり胃に良くないということもよく言われていますが、カフェインの作用というのは覚醒作用の他に利尿作用や解熱鎮痛作用があります。これだけを見ると、コーヒーと胃もたれというのは関係しているのかどうかよく分かりません。

しかし慢性胃炎の人にはコーヒーを好んで飲む方が少し多いといわれています。これはコーヒーに原因があるのではなく、コーヒーを飲む生活習慣に問題があるといえるかもしれません。

胃もたれが起きやすいとされている夜中や朝方などは、胃の中身が腸へと送られる大切な時間になります。胃の運動というのはリラックスしたときによく動くので、胃が運動する時間である夜中などにコーヒーを飲むとカフェインによって交感神経が刺激されることになります。

交感神経が刺激されると副交感神経に関係する胃腸の動きまでもが制御されてしまうことになります。その結果、一番胃の運動が活発に行われる寝ている間などでも夜に食べた物が胃の中で残ったままになるので、長時間胃の中に食べ物が残っている状態になります。

それが原因で胃もたれが起こりやすくなると言えるのではないでしょうか。仕事の合間やブレイクタイムにコーヒーを飲むのが習慣の方も多いと思いますが、飲む時間やコーヒーを飲むときの胃の状態などによって胃もたれが起こってしまうことがあるので、バランスを取ってコーヒーを飲む回数を意識していくようにしましょう。


スポンサードリンク


胃もたれについて