胃もたれサイト TOP → 胃もたれについて ストレスによる胃もたれ

ストレスによる胃もたれ

食べ過ぎたり飲みすぎたりしていないのに胃もたれが起こる場合の原因の多くはストレスです。仕事や人間関係など、日常でストレスが起こる原因というのは沢山あります。

ストレスによる胃もたれは少し食べ物を食べただけでも違和感が生じたりします。病院で受診して検査をしても、ストレスが原因の胃もたれの場合は「粘膜などは異常がない」と言われることが多いと思います。このような症状を「潰瘍のない消化不良症」と言います。

ストレスが溜まっても胃は蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱まり、胃液の分泌量などがおかしくなったりします。それによって、胃もたれが慢性に起こるようになるのです。

胃というのは内臓、血管、ホルモン、神経などの働きをコントロールして、体内の環境と整えてくれる神経である自律神経に大きく影響を受けます。緊張すると交感神経が動き、リラックスしている時は副交感神経が動くようになっています。

しかし常に緊張した状態でいると、どちらか一方のみが過剰に動くようになります。つまり自立神経がうまく動かなくなると胃にも大きな影響が出るということです。

中でも交感神経のみが動いた場合は、胃もたれを起こしやすいといわれています。交感神経の機能が活発になると胃の蠕動動運動が鈍くなってしまうので、胃液の分泌も少なくなります。

それによって胃壁の粘膜に血液が行き届かなくなり、粘膜も弱るのです。粘膜が弱ると食べたものをきちんと消化できなくなり、胃もたれが起こります。

出来るだけ早いうちにストレスの元を特定して、意識を楽しく保てるようなライフスタイルや食事などに改善、見直していきましょう。


スポンサードリンク


胃もたれについて