胃もたれサイト TOP → 胃痛の症状 胃痛とは

胃痛とは

胃痛はストレスを抱えている、現代の日本人の代表的な症状とも言えます。胃痛とは胃液が沢山出たり、粘膜が少なくなっていて炎症が起きたりしている時に胃の筋肉が痙攣してしまうことで起こります。

食べすぎ・飲みすぎや極度の緊張によるストレスなどから胃痛が起こります。特に空腹時に痛みを感じることが多いようです。

空腹時の胃痛というのは、胃に食べ物がないことによって胃酸が胃粘膜を攻撃して起こります。しかし空腹時の時に起こる痛みというのは、何か食べ物を少し食べると治まることが出来ると思います。

その逆で食後に胃が痛くなるということもあります。その場合は胃炎や胃潰瘍など、何らかの疾患が起こっている可能性もあります。その他にも胃が元から弱く、食べ物を消化する力が弱い人は胃痛になりやすいと言われています。

風邪などで体力が低下している時、睡眠不足などで疲れが溜まっている時なども胃痛は起こりやすくなります。胃痛の原因というのは人によって違います。痛みもチクッと痛むものや、ズーンと痛むものなど様々です。

まずは痛みの原因を探ることが大切になります。薬を飲むと一時的に症状を抑えることは出来ますが、改善にはなりません。根本から解決する必要がありますので、原因を見つけて自分に合う治療を行うようにしましょう。

胃痛を症状とする病気にも様々な種類があるので、あまりに痛みが酷い場合は胃腸科や神経科などに行って、きちんと検査をしてもらうようにしましょう。



スポンサードリンク


胃痛の症状