胃もたれサイト TOP → 胃痛の症状 胃痛の原因

胃痛の原因

胃痛といっても、起こり方などの症状によって原因というのは違います。しかし一時的な胃痛は、殆どの方が一度は経験したことがあるのでしょうか。

胃痛は誰でもなり得る身近な症状なのです。胃が痛いというだけでは原因はすぐに特定することが出来ません。

ですが胃痛の要因というのは、必要以上に胃酸が多く分泌される胃酸過多によるものと言われています。胃酸が沢山出る原因には食べすぎや飲みすぎ、空腹、強いストレスなどがあります。薬の副作用などで胃痛が起こることもありますので、その際は薬を変更してもらうようにしてください。

「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「萎縮性胃炎」などの疾患も、元を辿ると胃酸が大く出過ぎることが原因であることが多いです。胃痛は消化性の潰瘍があると起こることが多いのです。

また不規則な生活や乱れた食生活なども胃への負担を大きくするので、胃痛を起こす原因になります。そのため日頃から規則正しい食生活を心がけて睡眠をしっかりとり、自分が落ち着くことの出来る環境を作るようにしましょう。

胃痛は胃酸過多以外に、外部からの異物によって起こることもあります。一番有名なのが「ピロリ菌」というものです。このピロリ菌が感染すると、胃が炎症を起こして胃潰瘍などを起こす可能性もあります。

魚介類に寄生しているアニサキスという寄生虫が体内に寄生した場合も激しい胃痛が起こるので、生の魚を食べる時は気を付けるようにしましょう。


スポンサードリンク


胃痛の症状