胃もたれサイト TOP → 胃もたれを知る 慢性的な胃もたれの警告

慢性的な胃もたれの警告

頻繁に胃が重く感じられたり、胃もたれが頻繁に起こったりする症状がずっと続く場合は、食べ過ぎではないところに胃もたれの原因があります。つまり胃もたれが慢性化している状態のことです。その場合はまず不規則な生活リズムを送っていないかどうかを考えるようにしましょう。

風邪などが原因で体調が低下している場合なども慢性的な胃もたれが起こったりしますが、この場合は体調が元通りになれば胃もたれも改善されることが多いです。また慢性的なストレスが原因でも胃もたれは起こります。

何か大きなストレスを抱えている場合は、ストレスの元となるところを解決しなければいけません。今まで紹介した原因が当てはまらない方は消化能力そのものが低下しているか、もしくは胃潰瘍や十二指腸潰瘍など胃腸そのものがトラブルの原因となっている場合が多いです。その場合はまず不規則な生活リズムを送っていないかどうかを考えるようにしましょう。

胃の細胞そのものが傷ついていると、胃液の分泌量が低下して消化不完全になっているためと言えます。食生活も規則正しく、体調が低下しているわけでもなく、ストレスなどもないのに慢性的に胃もたれが起こるという場合は胃に何らかの病気が起こっている可能性があります。

それが本当にただの胃もたれであった場合でも放っておくと潰瘍などの胃の病気を起こす可能性があるので、自分で勝手に判断はしないようにして早めに病院で診察してもらうようにしましょう。


スポンサードリンク


胃もたれを知る