胃もたれサイト TOP → 胸やけの症状 妊娠中の胸やけや胃もたれ

妊娠中の胸やけや胃もたれ

妊娠するとホルモンの関係などが影響して、胃の運動機能が低下してしまいます。そのため食べ物が長い時間胃の中にあることになるので、消化をスムーズに行うことが出来なくなります。それによって胃もたれが起こるのです。

妊娠中期から妊娠後期にかけて子宮の中の胎児は成長し、一段と大きくなります。胎児が大きくなることにより胃が押し上げられて圧迫されるため、胃の活動を妨げることになります。

このことにより、妊娠中期から妊娠後期にかけてはつわりとは違う、胸焼けや胃もたれが起きやすいのです。つわりというのは妊娠初期になることが殆どですが、特に妊娠後期には子宮の圧迫はさらに大きくなり、胃の中の胃液が逆流してしまう「逆流性食道炎」を引き起こす場合があります。

逆流性食道炎になると胸やけが起こってしまいます。特に妊娠後期は子宮の圧迫が大きくなるので、「逆流性食道炎」を引き起こしてしまう事になるのです。

また妊娠中は血液の量も増えるので、喉のあたりが詰まるような感じになることもあります。大きくなった子宮に胃や肺が圧迫されることも原因としてありますが、胃に不調がある時は横になって休むようにしましょう。

それから食事も一度に沢山の量を食べないように気をつけましょう。また妊娠中は飲んでもいい薬というのが限られてきますので、胸やけや胃もたれが起こっても自分の判断で薬を飲むのはやめて、かかりつけの医師に症状をきちんと伝えて相談するようにして下さい。


スポンサードリンク


胸やけの症状