胃もたれサイト TOP → 胸やけの症状 胸やけが起こったら?

胸やけが起こったら?

胸やけは不規則な生活をしたり、食生活に手を抜くと出てくるものです。それらを正していけば自然と胸やけは起こらなくなりますが、そのまま放置してしまうと、喉の痛みや声が枯れるなどといった症状も出てきてしまいます。

胸やけが起こったら食事の時間を規則正しくするように心がけましょう。食事を食べる際は1回の食事の量を減らして、小分けにして食べることをお勧めします。

胃に負担がかかりやすいとされる極端に熱いものや冷たいもの、それから辛いものなどは避けるようにして下さい。出来るだけ消化にいいものを食べるようにしましょう。

胸やけが起こった時は、逆流してきているものを洗い流して食道をきれいにする必要があります。牛乳を一杯飲むと胸やけが治る可能性があります。牛乳は食道の内側に膜を作ってくれるので、胃酸の攻撃から食道を守ってくれる作用があります。

一杯飲んでもあまり症状が治らないという場合はもう一杯飲んで見ましょう。殆どの場合はそれで胸やけがある程度おさまると思います。

この方法であれば誰でも簡単に行うことが出来るので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。牛乳が苦手だという方はお水を飲むようにして下さい。しかし水だと牛乳よりも効果は薄くなります。

あまり胸焼けが酷い場合や続く場合は、必ず病院で診察してもらうようにしましょう。かかりつけの医師に相談することをお勧めします。胸焼けには食堂内視鏡検査が最も有効的になります。


スポンサードリンク


胸やけの症状