胃もたれサイト TOP → 胃もたれと諸症状 胃痛の原因

胃痛の原因

胃痛の原因というのは様々で、痛みというのも人によって感じ方が違います。胃痛は胃壁の内側の部分の末梢神経が胃酸によって刺激されることによって起こります。

しかし食べ過ぎなどによる胃の痛みと胃潰瘍などの疾患による胃の痛みでは、質も全く違うものになります。胃潰瘍などで胃がただれてしまっている時は焼けるように胃が痛み、それが短時間というのが特徴になりますが、食べ過ぎによる胃痛の場合は胃が満腹で、お腹がつっぱって感じる痛みになります。

胃痛の一番多い原因と言われているのは胃酸が出過ぎることで、胃の粘膜が炎症してしまうことです。この状態が長く続くと、胃潰瘍などの胃の病気になる可能性があります。また胃粘液分泌が低下することによっても胃痛が起こります。

胃の粘膜は通常、胃粘液に覆われているので胃酸などの刺激から守ってくれますが、これが食べ過ぎやストレスなどによって胃の働きが弱まり粘液が減ってしまうと、胃粘膜が胃酸に刺激されて炎症を起こすのです。胃痛になる要因には様々なことが考えられますが、最も多いとされるのは精神的なストレスによるものです。

仕事の悩みなどを抱え胃痛がするということは少なくありません。ストレスというのは人それぞれ感じ方も違えば症状も異なります。そのため自分に合った予防法、治療法、ストレス解消法を見つけることが大切になります。

胃の痛みがあるときは胃の負担を軽減するように、一度に食べる量を少なめにするなどして対処するようにしましょう。


スポンサードリンク


胃もたれと諸症状