胃もたれサイト TOP → 胃もたれと諸症状 げっぷは何故でるの?

げっぷは何故でるの?

げっぷとは胃に中に溜まった空気が食道を通して逆流し、口から排出される現象のことをいいます。胃には普段からある程度の空気が溜まっています。

食道と胃とのつなぎ目に下食道括約筋という筋肉があり、食道に空気を逆流しにくくしています。ところが胃の中の空気が増えて内圧が高まるとこの筋肉がゆるんで、食道の方に空気が漏れ、ゲップが出るのです。

そのため早食いなどをすると食事と一緒に空気を飲み込んしまい、げっぷが出やすくなります。食べ物と一緒に空気を沢山飲み込んでしまう傾向がある方は早食いをしないようにして、よく噛みゆっくり食べるようにしましょう。

げっぷ対策としては、消化によい物を食べるのも効果的です。胃の機能そのものが低下することにより、溜まった空気が逆流してげっぷが出たりします。

食後にすぐ出るげっぷであれば特に問題はありませんが、頻繁に出る場合は空気を大量に飲み込むために起こる呑気症や胃や食道などの病気である可能性もあります。胃に痛みがありげっぷが出る場合は、胃炎・胃潰瘍の可能性も考えられます。

食べ過ぎが原因ではなく、普段から空気を飲み込んでしまう空気嚥下症というものもありますが、この病気の場合でもげっぷがよく出ます。主な原因は精神的なストレスになります。

胃の筋肉が弱くなった人もげっぷが出やすくなることがあると言われています。しかしげっぷの原因が胃腸の病気によるものかどうかということは専門医で調べなければ分からないことなので、気になる方が一度受診してみることをお勧めします。


スポンサードリンク


胃もたれと諸症状