胃もたれサイト TOP → 胃もたれの対処法 きちんとした食材選び

きちんとした食材選び

胃もたれが起こっているときは胃を休ませることが大切ですが、食事をとらないと胃酸過多になってしまうこともあるので、消化にいいものや胃壁を丈夫にする食べ物を摂るようにしましょう。そのためには食材選びが重要なポイントになります。

胃もたれになると食欲不振になることが多いので、少量でも栄養価が高い食べ物や食欲をそそるような食事を摂ることを心がけて下さい。胃もたれの要因は胃酸が少なくなる低酸症の場合が多いので、出来る限り胃に負担をかけない消化のいい食材を選ぶようにしましょう。

代表的な食材としては卵や牛乳、大豆製品が挙げられます。卵は半熟が一番消化に良いといわれています。牛乳は胃に負担をかけずに胃酸の酸性度を抑えてくれるので、胃壁の保護をする役目もある牛乳は特にお勧めです。

ちなみに牛乳は少し温めて飲むと良いかもしれません。大豆製品にはきなこや豆腐、お味噌などがありますが、どれも良質な植物性のたんぱく質を含んだ食品なので、積極的に摂るようにして下さい。

脂肪は消化するのに時間がかかるため、肉類を食べる場合は脂肪の少ない鶏ささみや、豚のヒレなどを選ぶといいでしょう。植物繊維が豊富な野菜は便秘の解消に良いと言われていますが、消化となると胃に負担がかかってしまうことがあるので出来るだけ繊維質の少ない野菜を選ぶようにしてください。

野菜類ではかぼちゃ・大根など、煮込むと柔らかくなる食材を選ぶことをお勧めします。このような食材をしっかり選んで、胃もたれを事前に防ぎましょう。


スポンサードリンク


胃もたれの対処法