胃もたれサイト TOP → 胃もたれの対処法 調理法を学ぶ

調理法を学ぶ

胃もたれというのは調理方法やレシピなどを工夫することにより、大分解消することが出来ます。胃もたれにいいとされる調理方法などは今ではネットで沢山紹介されているので、検索して参考にすると良いでしょう。

ここでも胃もたれにいいとされる調理法を紹介したいと思います。

食材というのは調理法によって胃の中に留まって消化されるまでの時間が違ってきます。その留まる時間が一番短いとされているのは「茹でる」「煮る」「蒸す」という調理方法になります。

その次に「焼く」で、胃に留まる時間が最も長いのが「揚げる」という調理方法になります。食材は火を通して柔らかく調理したほうが食べやすくなりますし、消化にいいと言われています。

先ほど説明した胃のなかに食べ物が留まる時間というのは、もちろん長いよりも短い方が胃にかかる負担が少なくなりますので、「油で揚げる」などの調理法よりは、「煮る」「茹でる」などの胃に優しい調理法を選ぶようにしましょう。油や脂肪分などは胃でなかなか分解されませんが、「茹でる」「煮る」などの調理方法にすると胃もたれを防ぐことが出来るでしょう。

また冷たい料理よりも温かい料理の方が消化にいいので、食材には出来るだけ火を通すようにして下さい。しかし熱すぎるものなど、極端なものは避けるようにしましょう。

胃に負担がかからない調理法をしても、塩辛いものや香辛料などは胃に良くないのであまり使わないようにして下さい。


スポンサードリンク


胃もたれの対処法