胃もたれサイト TOP → 胃もたれの対処法 飲酒量の調節

飲酒量の調節

お酒を飲むのは楽しいですが、お酒を大量に飲むと胃を痛めてしまいます。お正月などの行事事では普段お酒を飲まない人でも飲む機会が増えますし、仕事の付き合いなどでお酒を飲まなければいけない場合もあるかと思いますが、自分でしっかりと調整することが必要です。

お酒を飲みすぎた次の日は胃がもたれたり頭が痛かったりと、二日酔いになることがあります。この二日酔いを引き起こす原因とされているのが、お酒に含まれている「アセトアルデヒド」です。

この成分をどれぐらい分解することが出来るかによって、次の日に胃もたれが起こるかどうかが決まるのです。そのため日頃から肝臓を保護して肝機能を高めておくようにしましょう。

良質のタンパク質をよく摂ったり、農薬が残留している食べ物を食べないようにすると肝機能を高めることが出来ます。消化にあまり良くないとされている脂肪分の多い食事も控えるようにしましょう。

またお酒を飲む前に簡単な対策をしておくと胃もたれ防止に繋がります。まずはおなかが空いている時にお酒を飲まないようにしてください。お酒を飲む前に軽いものを口にしておくようにしましょう。

お酒を飲む前に牛乳を飲んでおくと牛乳の成分が胃の粘膜を保護してくれるので、胃もたれになりにくくなります。牛乳が苦手という方はヨーグルトでもいいと思います。お酒を飲んでいる時は消化に悪そうなものは控えるようにして、食べ過ぎにも注意しましょう。

チーズなどのおつまみを食べながら飲むと胃の粘膜が保護されるので、お酒の吸収がゆっくりになると言われています。出来るだけゆっくり飲んで、弱いお酒から順番に飲むようにして下さい。


スポンサードリンク


胃もたれの対処法