胃もたれサイト TOP → 胃もたれの対処法 消化のよい食材

消化のよい食材

胃もたれを防ぐための1つの方法として、消化にいいものを食べるという方法があります。繊維質の多い食材や脂の多い食材は避けるようにして下さい。

消化にいい食べ物は卵や大豆製品などです。卵は半熟がいいといわれています。大豆製品は良質な植物性タンパク質を含んでいますので、胃もたれが起こっている場合は積極的に食べるようにしてください。

肉類を食べる場合は、脂肪が少ない鶏肉のササミや豚肉のヒレなどを食べましょう。植物繊維が豊富に含まれている野菜も食べるようにして下さい。炭水化物やタンパク質なども消化に良いといわれています。

消化にいい炭水化物にはじゃがいも、さつまいも等がありますが、中でも麺類やごはんなどはとても消化にいいと言われています。ごはんはおかゆにして食べるとより消化によくなるでしょう。

タンパク質を多く含む食材には卵や白身魚、お豆腐などがあります。タンパク質を多く含む食材の中でも、脂肪分が少ないものがいいでしょう。お肉類でも赤身の肉は良質なタンパク質が多く含まれていて脂肪分も少ないので、お肉が好きだという方は赤身のお肉を食べるようにしてください。

梅干も消化を助けてくれる作用があり、酸味によって食欲が出ると言われています。梅が使われている梅酒や、センブリを前じた汁なども胃もたれを解消してくれます。

大根も消化酵素であるジアスターゼが含まれているので、胃の働きを助けてくれます。大根おろしにして食べるのもいいでしょう。


スポンサードリンク


胃もたれの対処法