胃もたれサイト TOP → 胃もたれの対処法 避けたい食事

避けたい食事

胃もたれが起こっているときに避けたい食べ物は、肉の脂身やウインナー、ハム、ベーコンなどです。脂肪は消化するのに時間がかかります。ハムなどの加工食品は脂肪が多いため、胃に負担をかけやすいので避けるようにしましょう。

胃を刺激して酸分泌を高める食材にとうがらし、わさび、こしょうなどの香辛料があります。香辛料の強い料理というのは体を温めてくれますが、胃壁を傷つけるのであまり食べない方がいいでしょう。

コーヒー、前茶などのカフェインを多く含むものも胃を刺激するので控えるようにして下さい。ニンニクなどの刺激物もあまりお勧め出来ません。

またイカやタコ、貝類など、消化にいいと思われがちな魚介類もあまり消化に良くありません。煮込んでも繊維が壊れにくい植物繊維を多く含んでいるワラビ、ゴボウなどの野菜類やキノコ類なども消化に悪い食べ物になります。

夏場だと冷やし中華やざるそばなど冷たい食べ物を食べる機会が多くなると思いますが、冷たい食べ物を食べ過ぎると胃腸の血行が悪くなって、働きが鈍くなります。働きが鈍くなるということは胃酸の分泌が減るので、結果として胃もたれに繋がることになります。

暑い時はアイスなど、つい冷たいものを食べ過ぎてしまいますが、冷たい食べ物は食べ過ぎないように注意しましょう。食べ物ではありませんが、喫煙も香辛料などの刺激物と同じで胃の粘膜の血流量を減らして胃壁を傷つけ、胃もたれの症状を悪化させることがあるので出来るだけ控えるように心がけて下さい。


スポンサードリンク


胃もたれの対処法